管理会社様の住宅設備
トータルパートナー「みん設」

みんなの住設

給湯器交換費用を号数・タイプ別で解説!
お住まいにあわせた選び方のポイント

「お湯が出ない…」

洗い物やお風呂に入ろうとしたとき突然お湯が出なくなったら困りますね。
給湯器のトラブルが最も多いのは冬の時期ですが、設置環境や使用頻度、製造からの経年による劣化など一年中いつでも発生する可能性はあります。

そんなときにすぐに駆けつけて交換・取付してくれる施工業者がいるのはありがたいですよね。でも、本当にこの給湯器に交換していいの?交換費用は高くない?など、気になりますね。

決して安価ではないものですので、交換費用も適正なのか重視して選びたいところです。最適な給湯器の交換時期からお住まいにあわせた正しい選び方を給湯器の費用・号数・タイプ別に解説します。

給湯器の交換時期は?寿命はどれくらい?

給湯器の寿命は平均的に10年

給湯器の寿命は平均的に10年ほどです。
各メーカーにより安全上支障なく使用できる「設計上の標準使用期間」を設けて製造されているため、設置環境や使用状況により異なりますが一般的にご家庭用の場合は製造から10年とされています。

10年経っていなくとも、現在使用されている給湯器でお湯が出ない場合は、下記の問題があるかもしれません。

劣化のサイン








ひとつでも該当する場合は、経年劣化の兆しが出ているかもしれません。
この状態で使い続けると不完全燃焼による一酸化炭素中毒や高温のお湯による火傷など、思わぬ事故につながるおそれがあります。機器取付から10年が経過している場合は点検・交換をおすすめします。

交換にかかる費用の相場

給湯器の寿命は平均的に10年

給湯器の交換にかかる費用は、基本的に給湯器本体・工事費用の2つです。
選ぶメーカー・号数・タイプ・業者により総額の相場は15万円~35万円と大きく変わります。

本体費用

給湯器本体の価格はメーカー・号数・タイプにより変わります。

給湯器メーカー

代表的なメーカーとして、ノーリツ、リンナイ、パロマ、パーパスなどがあります。
どのメーカーも耐用年数や品質などを比較しても高品質な給湯器を生産しているため、特定のメーカーへのこだわりがなければ交換のタイミングで割引などの対象となっている給湯器を選ぶのもおすすめです。

号数

号数は、16号・20号・24号があります。
号数とは “水温+25℃のお湯が1分間に出る量(L)” のことで、1分間に20L出すことができる給湯器は20号になります。
号数が大きいほど一度にたくさんのお湯を出すことができます。

「家族が増えた」「子供たちが自立して同居人数が減った」などのライフスタイルの変化に合わせて、交換のタイミングで給湯器の号数を調整するのも良いです。
単身・カップル・ファミリータイプなどの間取りによって選ぶとトラブルを招くことがないでしょう。

タイプ

タイプには設置基準を満たした場所に沿うように選ばなくてはならない「設置タイプ」と、機能から選ぶ「給湯器タイプ」があります。
設置タイプには、壁掛や据置などがあります。戸建て・マンションなど住戸のタイプにより推奨設置場所が異なります。

屋外壁掛タイプ…
屋外の玄関脇やベランダなどの壁に設置します。
屋外据置タイプ…
屋外に設置できるスペースがある場合は地面やブロックの上に設置されています。
隣接設置タイプ…
浴室の屋外に隣接するように設置されています。
PS設置タイプ…
マンション型ともいわれ、集合住宅のパイプスペース(PS)に設置するものです。
風呂釜タイプ…
2つ穴がある浴槽に設置できる追い焚き専用のものです。

マンションの場合は設置場所があらかじめ決められていることが多いため、選べるタイプが絞られますがオーナー様とご相談のうえ交換取付を行うと良いです。

戸建ての場合は配管によって場所を変更できない、または移動の場合に工事を伴うこともありますので業者へ希望を伝えると希望に沿った提案を受けることが可能です。

給湯器タイプには、従来型、高効率型のエコジョーズ、電気式のエコキュート、電気・ガスのハイブリッド型のエコワン、発電も兼ねたエネファームなどがあります。
ここでは従来型タイプの機能について記載します。

給湯専用… お湯は出ますが、お風呂は手動で湯栓の開閉が必要です。追い焚きなどの機能もありません。
オート… 追い焚き機能があり、リモコン操作で湯張りができます。保温機能はないため追い焚きは手動で行います。
フルオート… オート機能に追加して設定温度まで自動で追い焚きをしてくれます。

給湯器には、単にお湯を出す機能からお風呂の自動湯張り、浴室乾燥、浴室暖房、床暖房などを有する高機能まで幅広いタイプがあります。
選び方のコツとしては、最低限のお湯が出れば良いということであれば給湯専用。

忙しくてお風呂はワンタッチで済ませたいという場合は、湯張りから追い焚きも自動で行ってくれるフルオートタイプがおすすめです。

工事費用

工事費用の標準的な相場は3万~7万です。これは現在使用されている機種と同タイプの給湯器を交換する場合になります。

例えば、給湯専用の給湯器から新たに給湯専用の給湯器へ交換する場合です。エコ給湯器などの高効率給湯器などは、新しく設置する場合には排水用工事など別途発生する可能性があります。

工事費の内訳は業者により異なりますが、具体的な内容としては

  • 取付交換の工事費
  • 管の接続工事費
  • リモコン接続の工事費
  • 出張費(訪問費)
  • 撤去、廃材の処分費

などがあげられます。

その他の費用

現在ご使用いただいている給湯器の設置場所やタイプを変更する場合には、別途費用が発生することもあります。また、設置が高所や狭小の場所での作業になる場合も含まれます。

前述したエコジョーズなどのエコ給湯器の設置は、排水用の工事が必要な場合があります。設置費用は高くなりますが、ガス料金が抑えられるためトータル的なメリットは得られます。

お住まい別に給湯器の選び方を解説!

お住まい別に給湯器の選び方を解

給湯器の選び方はお住まいの世帯人数やライフスタイルにより異なります。下記の表を目安として参考にしてください。

参考:お住まい別の号数・タイプの選び方

世帯人数 単 身 2 人 ファミリー 二世帯ファミリー
ライフスタイル 日中は仕事で不在、入浴はシャワーのみが多い 共働きで日中は不在、週末はゆっくり湯舟に浸かって入浴 夕食後の片づけ中に家族が入浴することが頻繁 家族が立て続けに入浴、その間台所での水仕事も頻繁に行う
最適な号数 16号 16~24号 24号 24~36号
機 能 給湯~オート オート~フルオート
世帯
人数
単 身 2 人
ライフスタイル 日中は仕事で不在、入浴はシャワーのみが多い 共働きで日中は不在、週末はゆっくり湯舟に浸かって入浴
最適な号数 16号 16~24号
機 能 給湯~オート
世帯
人数
ファミリー 二世帯ファミリー
ライフスタイル 夕食後の片づけ中に家族が入浴することが頻繁 家族が立て続けに入浴、その間台所での水仕事も頻繁に行う
最適な号数 24号 24~36号
機 能 オート~フルオート

『みんなの住設』がおすすめする給湯器4選!

みんなの住設がおすすめする給湯専用・オートタイプをご紹介します。

最短設置が可能

お湯が溜まったらブザーでお知らせ
待機時の消費電力を抑える省電力モード搭載

  • メーカー:ノーリツ
  • 品番:GQ-1639WE-1
  • 号数:16号《本体/リモコン付》
メーカー価格:: 134,640円
みん設価格: 42,240円
工事費: 36,300円
合 計: 78,540円

マンションタイプで人気

音声で知らせるオートストップ機能付き
ナビによる最適なタイミングで入浴が可能に

  • メーカー:リンナイ
  • 品番:RUX-A1616T-E
  • 号数:16号《本体/リモコン付》
メーカー価格:: 149,050円
みん設価格: 54,593円
工事費: 36,300円
合 計: 90,893円

給湯専用最安値!PS扉内排気タイプ

冷水サンドイッチ現象を防止するQ機能搭載
リモコン設置でオートストップも可能

  • メーカー:ノーリツ
  • 品番:GQ-1639WS-T
  • 号数:16号《本体/リモコン付》
メーカー価格:: 189,200円
みん設価格: 51,040円
工事費: 36,300円
合 計: 87,340円

自動湯張り・追い焚き機能付き最安値!

スイッチオンで湯張りから追い焚きまで
たし湯機能搭載の忙しい方におすすめモデル

  • メーカー:ノーリツ
  • 品番:SRT-1660SAWX
  • 号数:16号《本体/リモコン付》
メーカー価格:: 323,400円
みん設価格: 118,635円
工事費: 44,000円
合 計: 162,635円

交換したい給湯器がない場合の対処法

交換したい給湯器がない場合の対処法

希望メーカーや型番がある場合、在庫状況により工事日がなかなか決まらないということもあります。急ぎではなくどうしてもということであれば希望の給湯器の納品を待つのも良いですが、まさに今「お湯が出ない」という状況であれば、そうも言っていられません。

メーカーにこだわる理由として、今使用しているからというだけであれば、他メーカーも視野に入れて検討することをおすすめします。国内メーカーの給湯器は、どれも製造基準をきちんと順守し、安全第一に製造されています。

付加機能の差は多少ありますが安全性や品質保持期間に大きな差はありませんので、早くトラブルを解消するためにも業者から他メーカーの提案があった場合には検討しても良いかと思います。

費用以外にチェックすべきポイント

給湯器交換の際にチェックしたいのは費用だけではありません。はじめに、今使用している給湯器トラブルは修理で直るのか、それとも交換が必要なのかを確認する必要があります。それには給湯器に記載してある「品番」をチェックする必要があります。

■ 品番の確認の仕方

給湯器 品番の確認の仕方

製造メーカーによって配置は異なりますが、給湯器本体の前面または側面に表示の確認がいただけます。「型式」の後に記載されている英数字のものが該当します。問い合わせの際にも事前に確認してから業者へ連絡すると、状況がスムーズに伝わるので良いです。

交換の見極めは製造年

品番をチェックして製造から10年以内であれば、故障を直すための部品在庫があることが多く修理が可能な場合が多いです。

逆に、製造後10年以上経過している場合は、運良く部品の在庫があることもありますが、ほとんどの場合は部品がなく交換となります。

まだ製造から浅いにも関わらず、高機能な給湯器の交換を勧めてくる業者には注意しましょう。

給湯器交換ならお任せください!

給湯器交換ならトーセキにお任せください!

『みんなの住設』を運営する株式会社トーセキは、創業よりお客様第一に50年以上に亘り、スピード対応でお喜びの声をいただいております。
給湯器では足立区No.1の施工実績をもつため、突然の「お湯が出ない」から御見積まで最短30分対応。

さらにエリア内であれば、現地調査から交換施工まで60分対応が可能です。
最短で90分後にはお湯が使える状態になっている実績も多数ございます。

突然のトラブルで困ってしまった際はもちろん、経年劣化が気になる給湯器の事前御見積~取付交換施工も柔軟に対応いたします。
「まずは交換費用を知りたい」という場合でも、ぜひお気軽に御見積・ご相談ください!

まとめ

ライフスタイルにより給湯器選びのポイントは変わることがわかりました。
安心とともに、困ったときに親身になってすぐに駆けつけ交換してくれる業者選びも重要です。

決して安いものではないので10年程度を見据えて、費用面でもご満足ゆく給湯器を選んでいただけたらと思います。
ぜひご参考にされてより良い暮らしの「あたりまえ」に幸せを。

プロがお答えします!お気軽にご相談ください!

プロがお答えします!お気軽にご相談ください!